脳トレ

今日の脳トレは 先週は「仰げばと尊し」だったので 「蛍の光」も思い出さなければ 蛍の光 窓の雪  書読む月ひ重ねつつ いつしか年も 過ぎの・・・・・ あかてぞけさは ・・・・ 別れゆく だめだ、これだけ思い出せないとは 昨日はもう少し思いだせてたけど 今日は一気に認知症? 蛍の光 窓…
コメント:2

続きを読むread more

四文字熟語

四字熟語人気ランキングで第一位がこの熟語 あまり普段聞かないし、使わないような気がしますが? 由来/語源:もとわ仏教語で、過去・前世の行いに応じて 果報があるという意味。善因善果、悪因悪果のどちらも 含まれるが、現在、悪い方の意味で使われることが多い。
コメント:1

続きを読むread more

脳トレ

さあ、今日の脳トレ曲は 卒業式に歌った曲「仰げば尊し」 今は時代が変わってあまり歌わないと 聞いてますが、どうなんでしょう それよりも式自体ができないか できても歌えないのかな? 仰げば尊し 我が師の恩   教えの庭にも はやきたとせ 思えばいととし この年月 今こそ別れも いざさらば う…
コメント:5

続きを読むread more

四文字熟語

切り絵色々切ってきましたが 今回は四字熟語を切っていきます 見栄えの良いようにちょっと 細工を入れましたがどんなもんでしょう? 1回目は自分が一番好きなこの言葉 画像にすると、どこが切り絵かわかりづらいですが 青の台紙に白の切り抜きを貼っています それをさらに意味を書いたA4用紙に 貼り付…
コメント:2

続きを読むread more

脳トレ

きょうにお題は 「春よこい」 春よこい 早く来い 歩き始めた みーちゃんが 赤い鼻緒の じょじょはいて おんもへ出たいと 待っている これで合ってるでしょうか? 始め赤い鼻緒ところ抜けていました 最後は泣いているかも? 春よこい 早く来い あるきはじめた みいちゃんが、 赤い…
コメント:4

続きを読むread more

独り言

立春を過ぎ、暦は春に向かってるはず でも北海道の春はまだ先のよう 寒い日が続き、周りもまだ真っ白 春を感じさせるのは例年3月に入ってから その頃にはコロナも終息は無理でも 下火になり、ワクチンも摂取も始まり 日常が戻ると最高なんだけど!!
コメント:2

続きを読むread more

脳トレ

記憶力が落ちてきたような気がするので 記憶を呼び戻し、脳活します 唱歌の歌詞を思い出す タイピングはキーボードを見ずに入力する 出来るでしょうか? 雪(ゆきやこんこん) ゆきやこんこん あられやこんこん  降っても降っても ふり・・・・・・ いぬはにわかけめぐり 猫はこたつでまるくなる 途中わからな…
コメント:6

続きを読むread more

独り言

今日は普通だと節分のはずが 今年は2月2日 地球の公転周期と暦のズレの影響で 2日の節分は1897年以来124年ぶりとのこと すごいですね。科学の進歩で誤差を計算しているのですね こう言うこと研究している人はどんな頭をしているのだろう すごい人がいるのですね!!
コメント:0

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 ん 「牡丹」 「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」という ことわざは江戸の洒落本にも載っているようで 牡丹は昔から美人を形容する花のひとつでも ありました。 「ん」まで来ました。 いろは文字で洒落る和文様切り絵はこれで終わります。
コメント:4

続きを読むread more

切り絵

コロナ、コロナで 明け暮れ、自粛自粛。 それでも時間は過ぎていき 年が明けたと思ったら もう、1月も後半ですね。 何もしないのにあっという間の 一ヶ月、この先どうなるのだろう。 何か得体の知れぬ恐怖があるような!! 切り絵 「魔女の宅急便 ミミ」
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 す 「鈴」 縄文時代の昔から魔除けや神おろしに 使われてきた鈴。神社の鈴や神楽の 巫女鈴などで今も使われています。 江戸時代から昭和まで、猫の首に つけられていたことを覚えている人も いるでしょう。家紋の他、着物の 柄としても可憐なモチーフになっています。 …
コメント:4

続きを読むread more

切り絵

普段、自分はパソコンをmacとwindowosの 両方を使ています。普段のかんたんなことは windowos、bligを含めちょっと手をかけるものは macと使い分けてはいますが、最近macの起動が 遅くて困っています。 このmacは2014年製でコアi5、HDD 1T メモリ8Gですので当時としては…
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 せ 「銭」 真田家の六文銭はあまりにも有名ですが 家紋の銭は現世のお金ではなく、三途の川の 渡り賃としてお棺に納められた副葬品でした 六文銭以外にも、永楽銭など家紋も様々です。 作例では、メタリック和紙を活用して 銅銭らしさを表しました。
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

自粛、自粛で家に閉じこもっているせいで blogにあげる、ネタが何もない 困ったもんだ。 高齢になり、行動自体が少なくなっているので 健康にも精神的にも悪いですね! いつになったら日常が戻るのでしょう。 今一番したいこと 旅行 切り絵  「小鳥』
コメント:6

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 もも 「桃」 ももは邪気を払う不老長寿のシンボルとして 中国では最も親しまれている果物のひとつ。 日本でも同様に、桃太郎や桃の節句など 古くから親しまれてきました。 古事記でもイザナギが桃の実を投げつけて 悪鬼を追い払っています。
コメント:4

続きを読むread more

切り絵

新年、あけましておめでとうございます 今日がblog始めです このblogも10数年続けていますが 今年も継続で週2回くらいですが 更新をしていきたいと思っています。 今年の目標ですが、まだこれと言ったものは 決めていませんが、コロナが続く様であれば 家庭内でできる様なことを、新規にしたと思…
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

今年も残すところあと僅かになりましたね 振り返るとコロナ、コロナで振り回され いまだに猛威を奮っていますが 年が変わり、ワクチンが接種されて コロナが収束されることを願いますね そして以前と同じように生活できるように。 そう思わずにはいられない一年でした 切り絵 「富士山」
コメント:5

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 ひし 「菱」 菱は水草の一種で、葉も実の形も 菱形をしています。そこからダイヤ型を 菱形と呼ぶようになったとも、逆に 水草の菱から菱形が文様化されたとも。 いずれにしても数え切れないほどの 文様の家紋があります。ここでは 水面に浮かぶ菱の葉のように 五…
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

先週降った雪、寒さが厳しく解けずに残りさらに 昨日は、10cmほどの積雪があり銀世界が続いています この木曜日に、一時的に気温は上がるものの、 全てはおそらく溶けずに残るのでもう根雪ですね。 本日は冬至、冬本番。この先、正月、新年と普段と違う 生活様式で迎えますが、早くにコロナが終息し 普段の日常が戻…
コメント:4

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 ゑぼし 「烏帽子」 日本古来の帽子、烏帽子はもともと官司の装束。 平安時代以降に庶民の間に広がり、江戸時代までに 様々な形のバリエーションが生まれました。 家紋にもなり、筒型に立ったものは公家、中折れの ものは武家とされてます。
コメント:4

続きを読むread more

切り絵

ちょっと前から降り出した雪 あっという間に周りを 真っ白にしました。 この雪は根雪になるのかな? この先も予報では雪だるまマーク 続いているし 本格的な冬の到来ですね!! 切り絵  「魚をくわえた猫」
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 しゅろ 「棕櫚』 棕櫚というと南国や砂漠の オアシスのイメージですが 古来から日本の各地で親しまれ その花は夏の季語にもなっています 葉をかたどった家紋も複数あり 着物の柄になった例も。 作例では特徴的な葉にエキゾチックな 趣を演出してみました。 …
コメント:4

続きを読むread more

切り絵

以前から、鼻炎があり 最近悪化した様な感じがしています ここのところ、鼻水がひどく テッシュどんどん減っていき 1週間持たないです。 近いうちに病院行かなければ だめかな?? 切り絵 「ブランコに乗った猫」
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 みずとり 「水鳥」 水辺に暮らす鴨や鳰(かいつぶり) 都鳥や千鳥などを合わせて水鳥と呼び 水辺の草花と合わせて図画や文様に 描かれます。図案の水鳥は、家紋から 取り入れたモチーフ。水辺で羽をつくろう 仕草が愛らしい姿を、青い格子との 組み合わせで表現しまし…
コメント:4

続きを読むread more

切り絵

今日で11月も終わり! 時間のたつのは早いですね そろそろ年賀状の準備しなくては この年賀状も、年々たいぎになります 歳のせいかなぁ? いえいえ今年も、もうひと月あるのだから 悔いのない一年にしなくては おい先長くはないのだから!! 切り絵  「現代美人」
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 さいのめ  「賽の目」 時代劇の賭場でお馴染みのサイコロですが 歴史は古く、日本に伝わったのは奈良時代とも。 昔は目の出方を神意と捉えて、儀式や祈願にも 使われていたといいます。文様としては見かけ ませんが、賽の目は図案としても魅力的。 吉事を願うモチーフにもなり…
コメント:4

続きを読むread more

切り絵

今の時期、やることが何もなく 巣ごもり状態、健康によくないですね! 何か、体を動かすことを探さなくては? 週いちの水泳は継続、天気が良ければ ウォーキング、他には思案中 人との接触を避けてできること 難しいですね!! 切り絵  「和傘」
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 ゆみや 「弓矢」 弓と矢の図案は、武具として尚武(しょうぶ)の 意味もありますが、太古には狩の獲物を 意味するものでした。弓矢自体も、時代を 下ると獲物ではなく的に当てる流鏑馬 (やぶさめ)のような神事、また遊びにも 使われる様になりました。 …
コメント:4

続きを読むread more

切り絵

昨日は、何日かぶりに積雪も溶け パークゴルフも再度プレーできるように なったので、行ってきました。 行ってビックリ!何と人が溢れています 駐車場に入れない車も並んでいます このコロナ禍の中、また感染が拡大している中 これだけの人が集まってくるとは!! 自分だけはコロナ大丈夫感が強いのでしょう …
コメント:2

続きを読むread more

切り絵

いろは文字で洒落る和文様切り絵 ききょう  「桔梗」 秋の七草のひとつに数えられる 桔梗は、古くから歌や絵画、 工芸品、夏の着物の文様に また家紋にと、様々な形で 愛用されてきました。 何と言ってもその凛とした 紫が魅力。作例では、 補色の黄色を効かせて 花色を引き立てています…
コメント:4

続きを読むread more