墨彩画

熱しやすく、冷めやすい

自分の性格ですが、墨彩画も、ご他聞にもれず

一時ほどの熱中度は下がりました。

最近は1週間に2枚ほどを描く頻度になりました。

準備とあとかたずけが結構億劫です。

描くときの手順ですが

まずは机の上に新聞紙を轢きます。(墨で机を汚さないため)

墨用と、水彩画用の水を汲んできます

見本を置き、色紙に下書き。

下書きから墨で輪郭線を描く。

水彩絵の具を、見本の色にできるだけ近いように

混ぜ合わせ色を塗っていく。深みを出すため2度から3度塗り

そして、完成後筆を荒い、パレット水入れをきれいに洗う

新聞紙をかたずけ、使った用具を元の位置に戻す。

1枚描くのに1時間30分から2時間ぐらいかかります。

取り掛かるまでだるいのですが、始めると楽しいです。


画像


画像


本日の模写は「枝川泰士」さんの作品からです


この記事へのコメント

2015年04月24日 07:04
>見本を置き、色紙に下書き。
普通に売っているのかな
可愛くて良いわね
2015年04月24日 16:29
こんにちは

何でも徹底して
やられる姿に
尊敬の念でいっぱいです
小生何をやっても中途半端
いつも
見倣わなくっちゃと思っていますが・・
2015年04月25日 07:20
おはようございます。
何事も、まずは模写からで---。
続けるのが進歩のコツでしょうか。
2015年04月27日 08:45
★もうヘトヘトさんへ

色紙は一般的なものではなく
画仙紙色紙を使用しています。
画仙紙にしなければ墨を含めて
色が載らないからです。
気をつけることは、半紙と同じですから
にじみです、あまり長く筆を置いていると
必要以上に範囲がひろがり過ぎます。
2015年04月27日 08:49
★無門さんへ

何を、おしゃいますか
自分のほうが尊敬の念が強いです。
精力的にいろんなことをなされいる
無門さんが手本であり、無見習わなくてはと
いつも思っています。
この手の絵もいつまで続くことか?
2015年04月27日 08:52
★行き当たりばったりの花日記さんへ

絵心がないので、手法も技法も
分かりません。物まねならと
思っていますが、これも結構
やってみると難しいですね。
手本があるとそのとおりに仕上げたくなり
どこかちょっとでも違うと
失敗した気持ちになり!
オリジナルが描けるようになるには
いつのことか?